伊豆大島へ行こう!おすすめの行き方をご紹介

伊豆大島船からの景色

伊豆大島は、伊豆七島(諸島)の中でも最も本土に近い島。そのため、交通手段も豊富で比較的手軽に行くことができる島です。そこで伊豆大島へのアクセスをまとめてみました!島旅を楽しみたい方はぜひこの記事を参考にしてみてください!

目次

⑴ジェット船で行く【オススメ】

東海汽船ジェット船
(東海汽船公式ホームページより写真引用)

東海汽船が運営するジェット船を利用すると、東京の竹芝桟橋から約1時間45分で大島に行くことができます。高速船のため、大きく揺れることも少なく、乗り物酔いに弱い方にもオススメ。

熱海からはわずか約45分で行くことができるので、熱海港が近い方や、熱海旅行のオプションで利用するのも良いかもしれません。

また、期間限定で久里浜館山伊東稲取からもジェット船が出ることがあるのでぜひチェックをしてみてください。

ジェット船の運行状況はこちらから↓↓
http://www.tokaikisen.co.jp/schedule/

ジェット船の予約方法

ジェット船は、東海汽船のホームページからのインターネット、もしくは電話にて予約を
することができます。
乗船日から2ヶ月前より購入することができるので、繁忙期に行く予定があればお早めに予約をとってください!

【電話予約】
電話予約には1度だけ区間や指定便、等級の変更をすることが可能となります。日程変更が発生しそうな場合などは電話予約が無難です。2回目以降は変更手数料が発生するので注意をしてください。

【インターネット予約】
インターネット予約は割引が効きます。通常時は20%引き、繁忙期は15%引きとなります。支払いはクレジットカードのみとなります。インターネット予約の場合は、変更が効きません。万が一変更したい場合は、一度予約のキャンセルをしなければならないので、取消手数料が発生するので、十分に気をつけてください。

⑵大型客船で行く

東海汽船 さるびあ丸
(東海汽船公式ホームページより写真引用)

東海汽船が運営する大型客船を利用すると、東京の竹芝桟橋から約8時間。横浜港から利用する場合は約6時間で大島に行くことができます。
一見長く感じるかもしれませんが、夜行船となるので、前日夜の船で本土を出発し、翌日の朝に大島についてから観光を楽しんで、夕方ジェット船で帰路につくという、夜行日帰り旅行を組むことも可能です。

※横浜発着便は、夏季期間以外の金夜〜日(夏季期間は運行なし)のみの運行となります。詳細はホームページをご覧ください。

夜行船は独特の雰囲気があり、島旅感を存分に味わえるはず。時間にゆとりがある方は、ぜひ大型客船で訪れてみてはいかがですか?

大型客船の予約方法はジェット船と同じなので、東海汽船のホームページをチェックしてみてください!

船で伊豆大島へ行く際の注意点

船で伊豆大島へ行く際に注意すべきことをピックアップしてお伝えします。

発着港について

伊豆大島には2つの港があります。北部の岡田港と西部の元町港。海況によってどちらかの港に到着するのですが、その確率はほぼ五分。行きは船内アナウンスでどちらの港に到着するか確認ができます。

お帰りの際は、島内放送や東海汽船ホームページ、宿舎のスタッフなどに確認をすると良いでしょう。

運行状況について

運行状況が、ジェット船は朝の6時に、大型客船は朝の9時半にインターネット上にて発表されます。海況によっては運行状況に影響が出ることもあるので注意をしてください。

チケットを無くさないように

ジェット船や客船の下船後は、チケットの半券を提出します。船に乗ったからといって半券を無くさないようにしてください!

大型客船の所要時間にご注意を!

大型客船は東京発大島着便は夜行船のため、22時発6時着で8時間かかりますが、大島発東京着の帰りの便は、約14時発約19時着(詳細は公式ホームページをチェック)と約5時間の所要時間となります。時刻表をしっかりと確認しスケジュールを立ててくださいね。

⑶飛行機で行く

伊豆大島には空港があり、東京から飛行機で向かうことができます。
羽田・成田空港などではなく、東京都調布市にある調布飛行場。片道で11,800円となります。調布発大島着便は1日2便。なかなか乗ることができないプロペラ機で大島に向かうことができます。

飛行機の時刻表はこちら↓↓
https://www.central-air.co.jp/timetable.html

中央航空会社 飛行機
(新中央航空株式会社公式ホームページより写真引用)

船で行くよりもやや割高になるのですが、プロペラ機に乗る機会はなかなかないはず。「船で大島に行くのは少し飽きちゃったかも…」という方は、飛行機を利用してみてはいかがですか?

伊豆大島に向かうのには様々な手段がありますが、旅なのですから、移動時間から楽しんでしまいましょう!皆さんのことを伊豆大島でお待ちしておりますね♪


伊豆大島でのご宿泊なら

2017年にOPENしたばかりのゲストハウス「CARAVAN FLAKE」
国境、年代、文化を越えて、様々な人々の拠り所になる場所に。
個性豊かすぎるメンバーが皆様をお待ちしてます。

ご宿泊は1人 3,500円〜

詳細は下記リンクをクリック!