ユータくんからみたCANVASとは?

CARAVAN JAPANが運営する、新卒1年目〜3年目の若手社会人向けのシェアハウスCARAVAN CANVAS。東京のど真ん中、赤坂・六本木エリアに位置するこのシェアハウスには、スタートアップ、メガベンチャーで活躍する人や、起業家、YouTuberなどおもしろくて個性豊かな人たちが集まります。

実際に住んでいる人はどんな人たちなのか、住むことを決めたきっかけや、CANVASでの生活について、住民の皆さんにインタビューをしてみました。

今回は住民インタビュー第一弾!
ユーモア溢れる発言でいつも場を盛り上げてくれる、ユータくんに話を聞いてみました。

菊地優太(Kikuchi Yuta)
明治学院大学社会学部社会学科卒
某旅行代理店法人営業
趣味は野球観戦(横浜DeNAベイスターズ)、サッカー観戦(マリノス、海外)、旅行

ユータくん、よろしくお願いします。

ユータくんってどんな人?

ユータくんはどんな大学生活を送っていたんですか?

まるっと言うと、普通の大学生でしょうか。サークルに入って活動したり、打ち上げや飲み会をしたり、旅行に行ったり。あとは、CARAVAN JAPANの社長こんちゃんとイベントをやったり、CARAVAN MAMBERのヒデくんとビジコンに出たりもしてましたね。

まあ基本的には飲み会や旅行ばっかでしたかね。

こんちゃんのことを知っていたんですね!
ちなみに、こんちゃんとの出会いは何がきっかけだったんですか?

同じ大学で面白いやつがいると聞きまして、当時の僕は野心家だったので、どんな奴か会ってみたいわと調子に乗って友人に紹介してもらったのが始まりかと思います。

そこで意気投合して、19歳だけど西麻布のクラブ貸し切って、思いっきり真面目に交流会やったろぜ!!と馬鹿でかいEDM、お酒一切なしの会を主催したりしました。

素人すぎてVIPルームを荷物置きにしたのは良い思い出です。

なんかその光景、目に浮かびます。笑
楽しそうですね!その会行ってみたかったです!
では今は何をしているんですか?

今は某大手旅行代理店で法人営業をしています。インセンティブツアーから、百貨店の招待ツアーなど、さまざま取り扱っています。

CARAVANとはある意味、親和性のある仕事をしていますかね!笑

CANVASとの関わり

次に、CANVASとの関わりについて教えてください!
まずCANVASを知ったきっかけは何だったのですか?

こんちゃんに教えてもらいました。こんちゃんが「入居者を探している」って声をかけてくれて、ここを知った感じですね。

こんちゃんから直接!
でも、ここに住むことを決めたのはなんでですか?

もともと会社の近くに引っ越したいと思っていたのと、今まで経験したことない、シェアハウスでの生活って、なんか自分にとって新たな刺激になるかなって思って決めました。

まあ、シェアハウスに少し抵抗はあったんですけどね…。

その抵抗って、具体的にどんな抵抗ですか?

友人に話すと必ず突っ込まれることでもあるんですが、本当に全く知らない人たちと共同生活するの?!みたいな。

何もかも共同とかプライベートなさそうだし、揉め事も起きそうだし、めんどうくさそう!みたいな、人並みのイメージを持っていましたね。

まあでもワクワクの方が大きかったので、CANVASに住むことを決めました。そりゃたまにもめることもあるけどね。笑

CANVASでの生活について

4月からこれまで、約半年間暮らしてみて、ユータくんの思うCANVASの素敵なところはどんなところですか?

立地がハンパないと思います。住んでいる場所を聞かれて答えると、いちいちイジられてめんどうくさいくらいです。笑

あとはベンチャーバリバリの若手たちが住んでいることはやはり刺激的なのではないでしょうか。

徒歩圏内に六本木ヒルズやミッドタウンがあったり、赤坂駅や六本木駅まで10分ちょっとで行けるのは最高ですよね!
住んでる人たちもみんなおもしろそうな人ばかりで、毎日いろんな刺激がありそうです。

逆に改善して行きたいところはありますか?

洗濯などのルールですかね。笑
外に放置されていたりするので、共同生活をする上で、みんなが快適に暮らすには最低限のルールは守って行きたいです。

まあ、ここはみんな忙しくて、洗濯回して家出たりするので難しいところでもありますね。

みんなで協力して心地いい家にして行きたいですね。
では、そんなCANVASは、ユータくんにとってどんな場所ですか?

いい意味で家族代わりですかね。
帰ってきたら誰かがいるって、幸せなことだと思います。

「おかえり」「ただいま」って言うやり取りがあったり、一人暮らしにはない暖かさっていいですね。シェアハウスの醍醐味かも。

ユータくんの描くCANVASのこれから

ユータくんはCANVASで何かやってみたいことはありますか?

シェアハウス内のイベントと言うよりは、住民主催のアウター向けのイベントの開催とか、やってみたらおもしろいのではないでしょうか?

ここに住んだことのメリットとして、いろんな分野で活躍する、同年代の他の住民と知り合えたことはもちろん、住民みんなのおもしろい知り合いと繋がれたことがとても大きなことだったりしたので。

それこそ、CANVASでなくても、外で小規模なパーティを開催してもいいですしね。

楽しそうです!開催する時はぜひ私も参加させてください!
最後に、CANVASを今後、どんな「場」にしていきたいか、思いを聞かせてください。

そうですね。最低限の住居としてのインフラがあって、安心のできる場所。プラスアルファで交流のプラットフォームですかね!

交流のプラットフォームっていいですね。
内向きだけじゃなくて、周りも巻き込んで繋がり、ここから何かが生まれて行ったら、CANVASがどんどんおもしろい場所になっていきそうです!
ユータくんありがとうございました!