ベトナムで働いていた金城くんがCARAVANで正社員になるほどの魅力を聞いて見た!

CARAVAN JAPAN MEMBER 紹介 第8弾

メンバーインタビュー記事第8弾!!!
大学時代も、
積極的に旅や海外に関する活動を行なって来た金城くん。
そんな金城くんが、新卒で入社し働いた場所はベトナムでした。
そんな彼は来年1月にCARAVANで正社員になる予定です。
なぜ彼は、CARAVANで働くこと決めたのか???ぜひ、ご一読ください。

金城燎(Kinjo Ryo)

明治学院大学 国際学部 国際学科 卒業
株式会社CARAVAN JAPAN 入社予定(1月)
現在は、オペレーションサポーター

《profile》
■サイクリングクラブで日本中を旅行
■国際問題を発信するボランティア団体
ボランティアセンター海外プログラム
事業部チーフを務め、活動の基盤作り
■内閣府国際交流事業世界青年の船に
日本代表参加青年として参加
■在学中に旅行しまくり
日本47都道府県全てと15カ国を旅行した
■新卒でベトナムに赴任し、
その会社を辞めてCARAVANと出会う
■外国人と友達になりたいと思っている日本人と
よりディープな日本を時知りたい外国人観光客を
マッチングするサービスを提供する企業Huberの
カナガワガイドコミュニティリーダーも先日始め、
ガイドたちとの交流活性化に励む

早速インタビューしたいと思うんですが、
すごくインタビューを楽しみにしてれていましたよね?

このインタビューで、金城の名が世の中に知れ渡ると思ったら、
ワクワクします!!!笑

ジョインのきっかけ

ジョインのきっかけはなんですか?

新卒で、建設機をレンタルする会社に入社し、
ベトナムに赴任したんです。
もともと、海外に行きたくて。
海外に行けることに魅力を感じて入ったんです。

実際入社してみると、
会社がやっているビジネス自体に興味が持てなくて、
海外にいけるって所に
魅了を感じていただけだったことに気づいたんです。
それに加えて、日本人がベトナム人を使う組織体制で。
この状況を体感した時に、
この会社で働くことに嫌気がさしました。

そこでひでくんに仕事をやめようかと考えている話をしたら、
CARAVANがあってるんじゃない?とひでくん(佐藤秀彰)に
紹介され、伊豆大島を訪れたのがきっかけです。

そうだったんですね。
自分が働く環境って
実際働いてみないとわからないことも多いですもんね。

そうですね。
本当に働いてみないとわからないことは多いなと思いました。

現在CARAVANではどんなことをしているんですか?

本格的なジョインは1月からで
今はゲストハウスでたまにお手伝い程度です。笑
1月以降は東京のシェアハウスや
横浜のゲストハウスの立ち上げや運営に関わる予定です。

伊豆大島に来たのはいつなんですか?

9月の末に初めて行きました。
その時はBBQをして、星を見に行って伊豆大島を堪能しました。

旅行がすごく好きだったんですけど、
ベトナムにいる時は旅行に行けてなくて。
CARAVANだと、例え旅に出なくても
旅をしている人に出会えるのが楽しかったです。

星見に行ったんですね!
三原山から見る星空は本当に素敵ですよね!
私もお気に入りの場所です。

CARAVANを一言で表すとなんですか?

アベンジャーズですね!笑
みんな1人1人強くて、得意分野が違うので。
癖はあるけど、ゆるくまとまってるなって思います。

何か乗り越えなきゃ行けない!やばい!
ってなった時は、みんなでガッと集まる感じです。

CARAVANに関わる中での、
楽しさ、やりがいを感じるタイミングはいつですか?

ゲストハウスで
毎日新しい出会いや発見があることに楽しさを感じますね!
毎日違う人が来るのが本当に楽しいです。
生粋の旅人であったり、
ふらっと大島に来た人であったり、
大学の教授であったり。。。

伊豆大島に来た時は、仕事やめようか悩んでた時期だったので
いろんな視点で悩みに対する解決の切り口を与えてもらいました。

あとは、来てくれる人にとっての
Another skyになってくれたらもう幸せです!
もう一個の地元としてCARAVANを考えてもらえたらと思います。

CARAVANで成し遂げたいことはありますか?

世界全地域にCARAVANを進出させたいです!
これができたらその時の気分で自分の仕事拠点を変えて
目標の「旅するように生きる」を達成できるのは魅力的ですね!笑

CARAVANが求める人材

金城くんが一緒に働きたい人ってどんな人ですか?

緩急つけれる人ですね!
いつ何時でも頑張らなくてもいいと思うんです。
全部の分野が完璧にできる人じゃなくて
いいと思うって意味で。

インタビューありがとうございました!
これからは社員として
どんどんCARAVANの歴史を作って行ってほしいと思います。
よろしくお願いします!!