たのちゅーさんが第2の職場としてCARAVANを選んだ理由とは?

メンバーインタビュー第6弾!
本日は、CARAVANのCARAVANのお兄さん的ポジションで、
CARAVAN FLAKEのマネジャーを務める
たのちゅーさんのインタビューです。
前職を辞めた後、CARAVANに出会い、
ジョインするに至ったたのちゅーさん。
なぜ彼はCARAVANに加わり、
何を目標としているのか?
ぜひご一読ください。


田野中 弘樹(Tanonaka hiroki)

首都大学東京 建築都市コース 出身
オペレーションマネージャー。

親の仕事の関係で転勤族育ち。
小学校4年間は上海日本人学校。
中学・高校は寮生活。
前職は都市計画、交通まちづくり系のコンサル。
CARAVANでは、CARAVAN FLAKEを守るマネージャーとして
メンバーのお兄さん的ポジションを務める。

今回は、CARAVAN最年長のたのちゅーさんのインタビューです!
よろしくお願いします。

今日の意気込みをお願いします。

頑張りますー!
よろしくお願いします。

たのちゅーさんって、
今はお仕事CARAVANだけなんですか?

そうです。今はCARAVANだけですね。
CARAVAN FLAKE のマネージャーをやってます。
CARAVANでは、特殊ポジションかもしれないですね。
他のメンバーは、他に所属している場所がありつつ
CARAVANやってますから。

そうですよね。CARAVANだけに所属しているメンバーって
こんちゃん(社長:近藤佑太朗)かたのちゅーさんだけですもんね。

ジョインのきっかけ

そもそもCARAVANに関わることになった
きっかけってなんだったんですか?

ぺーたーず主催の旅行で伊豆大島を訪れて、
こんちゃんに誘われてジョインしました。

ペーターズってなんですか?

阿佐ヶ谷にある1歳上の3人の方が作った、
カフェ&バーを運営している団体です。
当時、ぺーたーずがクラウドファンディングして
資金を集めていたんです。
僕、その時期クラウドファンディングとかをみるのが好きで
よくみてたんですよ。
自分たちで、活動しているところに興味があったので
今年の6月くらいにぺーたーずに会いに行って、
オーナー達と仲良くなりました。

それからぺーたーずに関わっている人たちと
旅行に行こう企画に誘われたんです。
その旅行先が伊豆大島でした。
もともとつっち(土屋柊一郎)のことを一方的に知ってて
「つっちたちがやってるゲストハウスに行くよー!」って言われて。
そこですぐに「行きます!」って言いましたね。笑
つっちたちが運営しているゲストハウスってどんな場所なのかなって。
人生で初めて、伊豆大島に行ってCARAVANに泊まりました。

CARAVANに泊まってる時に、社長のこんちゃんが
僕らへCARAVANのビジョンをプレゼンしてくれたんです。
共感する部分が多くありましたね。
プレゼン後にこんちゃんに個人的に話しに行って、色々質問してました。
仕事を辞めたばかりってことを言ったら、今度話しましょうと。
後日、CARAVANの詳細を聞いて、僕のやりたい事などを伝えました。
そこで「一緒にやろうよ」と誘われたんです。
一旦は持ち帰って考えました。
それから大島で実際にスタッフ体験を経て、ジョインを決めました。

お客さんとしてCARAVANに宿泊したのに、
最終的に社員さんになっちゃったんですね。
そんなジョインの仕方も、CARAVANの良さかもしれません。笑

仕事辞めて、たのちゅーさんは
どんな生き方をしたいと思っているんですか?

仕事やめたきっかけが
自分が熱量を注げることじゃないと
やっていけないなって思ったからなんです。
前職で、僕の先輩は好きで仕事をやっていました。
好きだからこそ熱心に学んでいる姿勢を見て、
熱量に差があると感じたんです。
そこでふと「自分が好きなことってなんだろう?」って
考えるようになりました。
そう考える中で興味があることの1つに、場作りがあるなって。
興味はあったけれど、現場を知らなかったので、
現場を経験したいと思うようになりました。

CARAVANに所属して

CARAVANではどんなことをしているんですか?

接客スタッフとして伊豆大島にいつつ、
ヒト・モノ・コトといった全体をマネージメンしながら
FLAKEをどういった空間に仕上げていくか模索しています。

CARAVANにジョインしてから今の生活はどうですか?

11月から正式社員しなるので11月から本格ジョインなんですけど、
スピーディで働きやすいスタイルだなと感じますね。
Slackで重要事項を話し合うことも多いんですけど、
レスがとにかく早くて決定事項がすぐに決まっていきます。
いい意味でどこでも仕事しやすい環境だなって思います。

インタビューでいつも聞いてるのでたのちゅーさんにも聞いちゃいますね。CARAVANを一言で表すとズバリなんでしょうか?

うーん。。。難しいですね。

動物園、、、かな?笑
自分のテリトリーある上で、
みんな活動しているじゃないですか。
行動範囲を広く持ちつつも、縁が重なり、
共通項がCARAVANに重なっているなって思います。

実際にCARAVANで働いてみて、楽しさ、やりがいを感じるタイミングはいつですか?

テンプレの無い状態で、0から空間や仕組み、
企画を考えるときはやりがいを感じますね。

0→1を作り上げることが好きなんですね。

そうですね。何事においても、
やっていないと語れないと思うんです。
経験主義ですね。笑
自分で、将来場作りをしたいと思っても、
経験が必要だと思っています。
いつか、今やっていることが
自分のしたいことに繋がるって考えるとやりがいを感じますね。

あと、お客さんと話すときやメンバーと話す時はめっちゃ楽しいです。
いろんな人と話すの好きなんですよ。
環境が違えば、経験することが違うので、
自分とは違う価値観の人に出会えることに面白みを感じますね。

CARAVANで成し遂げたいこととや目標ってありますか?

まず、FLAKEという1つの宿のカラーを鮮明にしていくことですね。
伊豆大島という離島独特の環境や文化の中で、
空間としての宿とゲスト、スタッフ、
地元の方々という要素で何を生み出せるか。
それが出来る頃にはCARAVANも拠点が増えてると思うので、各
地のマネージメントをしたいです。
その過程で自分のライフスタイルを作り上げていければ最高です!

CARAVANが拠点を増やして行く中で、
自分なりのコミュニティ増やしていけたらいいですね。
CARAVANは副業もOKだから、他でも仕事やっていけますしね。

CARAVANが求める人物像

たのちゅーさんが一緒に働きたいと思う人ってどんな人ですか?

一緒に働きたい人というより、
向いている人は切り替えができる人だと思います。
リモートでも仕事はできるし、アピアーでMTGなので、
切り替えできないときついと思います。

わかります!
いい意味で仕事してるのか、遊んでいるのかわかんなくなりますよね。

そうですね。
なので、自己管理きちんとできる人と、一緒にがんばりたいですね。
今できなくても、自己管理していきたいって意欲のある人と。

メンバーも模索しながらやってると思うので。
CARAVANは、自分のやりたいことを実現できる会社です。
実現したい欲があれば。

ぜひ、興味を持った方には、ジョインして欲しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です