東京〜伊豆大島のアクセス!船で行く秘境の島、伊豆大島

東京から100分で秘境に巡り会える。
伊豆大島のアクセスを紹介します。

 

1. 東京から100分の島。伊豆大島とは。

都会の喧騒から、離島「伊豆大島」
そこには、30年に一度噴火をする火山「三原山」
日本で唯一の砂漠「裏砂漠」
かなりの透明感とダイビングやシュノーケリングが楽しめる「トウシキ海岸」

綺麗な海と広大な砂漠・大地を感じれる山など自然がとても豊かな伊豆大島。

こちらの記事におすすめが厳選されていますので
ぜひチェックしてみてください。

絶景の楽園、伊豆大島のおすすめスポット7選!

2017.10.17

2. 船で行く伊豆大島。その予約の仕方を紹介

東京から伊豆大島へのアクセスは船をおすすめします。
ジェット船なら105分という短さで着いてしまうのです。

東海汽船のホームページから、船を予約しましょう。

11月~4月は1日に2本しかジェット船は運行しないので注意をしましょう。
(朝8時半や昼13時頃になります)
詳しくは、時刻表でご確認ください。

大型船・ジェット船や様々な離島への船の予約も東海汽船でできてしまので、
船の種類と行く先はしっかりと確認しましょう。

次の項目で、当日に予約をした乗船券の入手の仕方から、伊豆大島に到着するまでの流れを紹介します。

3. 竹芝桟橋〜伊豆大島。 画像付きで流れの解説

JR浜松町駅北口から徒歩7分にある「竹芝桟橋」で乗船することができます。

竹芝桟橋に着いたら、受付をしましょう。

「大島」と書かれた看板があるところで受付をします。

乗船券をもらったら、薄いピンクで塗られている、右側の部分に必要事項を記入したら、乗船準備完了です。

早速船に乗船しましょう。

 

並みに揺られること100分・・・
気づいたら、目の前に伊豆大島が・・・

到着。(CARAVAN JAPAN CEOの近藤さん)

目の前に広がる、広大な山と海。

以上が伊豆大島までのアクセスでした。

島ライフを満喫してくださいね。