現地スタッフが厳選!伊豆大島のお土産6選!【2019年最新版】

東京本土からわずか100分で行ける離島、伊豆大島。豊かな自然に囲まれていて、海・山両方の幸を楽しむことができます。今回は、伊豆大島のゲストハウス「CARAVAN FLAKE」の現地スタッフが厳選したお土産をご紹介してまいります!

目次

⑴独特なクセと香りがやみつきに!「明日葉」

「今日摘んでも明日にはもう芽が出てくる」と言われるほど生命力が強い明日葉。伊豆諸島原産のセリ科の植物で、伊豆諸島のスーパーにはよく並んでいます。伊豆大島でもおひたしや天ぷらにしてよく食されています。

スーパーでひと束220円ほどで販売されており、簡単に調理することができるので、おすすめのお土産になります。

⑵なめらかな味わいはきっとあなたも虜になるはず「大島牛乳ぷりん」

伊豆大島の洋菓子店「シャロン洋菓子店」さんが作っている「大島牛乳ぷりん」。1日200個ほどの限定生産。島内で生産されている大島牛乳を100%使用してできてプリンです。可愛らしい牛乳瓶を器にしており、インスタ映え間違いなし!

旅のおともにぜひ購入してみてください!

▼シャロン洋菓子店さんへのアクセス
〒100-0101 東京都大島町元町地の岡65−236

▼電話番号
04992-2-3677

イートインスペースもございます!

⑶強烈なにおい…だけど一度食べたらやみつきに…伊豆諸島で愛される「くさや」

View this post on Instagram

@hidexkingがシェアした投稿

伊豆諸島のみで作れられるという「くさや」。その名の通り強烈な香りと旨味が特徴です。新鮮な魚を「くさや液」と呼ばれる発酵液に浸し、そのあと天日干しをした干物のことを指します。
とっても美味しいのですが、その香りは好き嫌いを分けるので、お土産は瓶詰めが真空パックのものを選びましょう!

⑷伊豆大島の地酒、お酒好きにはおすすめの一品「御神火」

本格島焼酎の「御神火」。「御神火」が作れられる酒蔵ではモーツァルトが流れているんだとか。麦焼酎と芋焼酎があるのでお好きな方をどうぞ。

「御神火」をつくられている、谷口酒蔵さんに観光で訪れてみるのも良いかもしれませんね。

▼谷口酒蔵へのアクセス
東京都大島大島町野増ワダ167番

▼電話番号
04992-2-1726

⑸青唐辛子入りの島の隠し味?!「べっこう醤油」

ピリッと青唐辛子の風味が香る「べっこう醤油」。島で楽しむことができる「べっこう寿司」や「べっこう丼」に使用されているお醤油です。べっこう醤油を使えば、ご家庭のお料理が島の味に…。

⑹人の肌にぴったりなんです!島の代表花で作られた「椿油」

View this post on Instagram

@pukupon15がシェアした投稿

伊豆大島を代表するお花の椿。椿油は9〜10月に採集される椿の種でつくられたオイル。椿油の成分の80%がオレイン酸という脂肪酸でできているのが特徴です。
人の肌の40%もオレイン酸でできていると言われており、椿油は人の肌にぴったりなのです。

⑺普通のすまし汁が一気にご馳走に!?「島のり」

View this post on Instagram

@noodles_hiがシェアした投稿

島の食卓で愛される「島のり」。普通のすまし汁やお味噌汁に島のりをかけるだけで、磯の香りが広がるご馳走に変化します。厚みのあるバリッと広がる食感や口いっぱいに広がる旨味を楽しんでくださいね。
火で炙ってから食すのも美味なんです!


伊豆大島でのご宿泊なら

2017年にOPENしたばかりのゲストハウス「CARAVAN FLAKE」
国境、年代、文化を越えて、様々な人々の拠り所になる場所に。
個性豊かすぎるメンバーが皆様をお待ちしてます。

ご宿泊は1人 3,500円〜

詳細は下記リンクをクリック!