伊豆大島でシュノーケリングを楽しみませんか?

東京からわずか100分で行ける島、伊豆大島。今年の夏は伊豆大島の海を満喫しませんか?海水浴じゃちょっと物足りないけど、ダイビングはハードルが高い…そんなあなたにはシュノーケリングがおすすめですよ!

シュノーケリングにチャレンジしたことはありますか?手軽に、かつ安全に楽しむことができるのがシュノーケリング。マスク、シュノーケルとフィンがあれば楽しむことができますが、手軽な故に事故が発生してしまう可能性があるのも事実。事前準備を怠ることなく、シュノーケリングを楽しみましょう。

シュノーケリングに必要なもの

水着の上にウェットスーツやライフジャケット、ラッシュガードを着るのが普通。ウェットスーツを着ていれば浮力が確保されるので安全度は一気に高まります。

シュノーケルやマスク、フィンはドンキホーテなどのディスカウントショップやスポーツ用品店には季節になるときっと陳列するはずなので、お求め安いと思います!

伊豆大島でも販売はしていますが、やや割高になるかも…?事前に購入するのがオススメです。宿泊場所によってはレンタルをしている可能性があるので、事前に電話で聞いておいても良いかもしれませんね。

伊豆大島のおすすめシュノーケリングスポット!

圧倒的な透明度!タイドプールでサンゴとお魚を楽しみましょう「トウシキ」

トウシキ海岸は遠浅のため、溶岩でできた岩場が外洋からの波を回避させ、穏やかなタイドプールが広がっています。タイドプールの中は安全に楽しむことができますが、外海は風や波が強いこともあるので、外海には出ないようにしましょう。

近くにはトウシキキャンプ場があるので、そちらのトイレなどの設備を無料で利用することが可能です。

スーパービーチ!ダイバーにも人気の飛び込み台がある浜「秋の浜」

秋の浜 飛び込み台

スキューバダイビングポイントとして人気があるポイント秋の浜にはたくさんの生き物が潜んでいます。小さな熱帯魚たちにたくさん出会えるかも!
夏は海水浴場としても盛り上がりを見せます。

他のポイントと比べて広いポイントなので、優雅に楽しむことができるでしょう。トイレ、シャワーの設備あり!

岡田港からアクセス良好!旅の最後に遊んでいきませんか「日の出浜」

岡田港のすぐそばにあり、アクセス良好な海水浴場「日の出浜」。波消しブロックのおかげで穏やかな海水浴場になっています。人口の砂浜が広がっているのでリラックスして楽しむことができますよ。

近くには岩場もあるので、引き潮の時は磯遊びをしてみても良いかもしれませんね!

小さなお子様におすすめ!ダイビングショップのツアーに参加してみては?

比較的安全に楽しめることができる、シュノーケリング。しかし、ウェットスーツやライフジャケットまで用意するのはちょっとハードルが高い…。そんな風に考える方もいらっしゃるはず。
そんな時は伊豆大島にあるダイビングショップが運営するシュノーケリングツアーに参加してみてはいかがでしょうか!

こちらにダイビングショップをまとめているのでぜひご参考まで!

伊豆大島のダイビングスポットまとめ【ダイビングインストラクター直伝!】


伊豆大島でのご宿泊なら

2017年にOPENしたばかりのゲストハウス「CARAVAN FLAKE」
国境、年代、文化を越えて、様々な人々の拠り所になる場所に。
個性豊かすぎるメンバーが皆様をお待ちしてます。

ご宿泊は1人 3,500円〜

詳細は下記リンクをクリック!